WordPressにプラグインをインストールしてみた

すぐるです。

さて、今回の目的はアクセス解析であるAnalyticsの導入。
パーマリンクの静的化こちらをするべくプラグインを入れてみました。

今回は、【Google Analytics for WordPress】と【WP No Category Base】と、
【All in One SEO Pack】の計3つをインストール。

まずはじめに入れたのが、【Google Analytics for WordPress】です。
通常であれば、各ページにタグを一つ一つ入れる必要があってたいそうめんどくさい。
それをこちらのプラグインは一回設定するだけでらくらくできてしまうと言うシロモノらしい。

設定方法は、
①プラグインをインストール
②メニューの【設定】→【Google Analytics】を選択
③ページ上部に有る【Manually enter your UA code:】の部分に
Analyticsを発行した際に出るcodeをUAから全て入力(一例:UA-xxxxxxxx-1)

設定は以上でした、思いの外簡単にできました。
一応念のため幾つかのページで確認した所ちゃんとAnalyticsの
タグが入っていたので一安心。

次に入れたのが【WP No Category Base】です。
まぁ今となれば特に問題は無いのですが、やっぱりSEOを意識すると
アドレスは静的な方がいい、そして無駄な階層は増やしたくない。
デフォルトの設定だとカテゴリを作ると【/category/カテゴリ名】と、
なぜか【category】と言うワンクッション入ってしまう、これ邪魔。
これを外してくれるのがこの【WP No Category Base】。
設定は特に無くプラグインをインストールすればOK。
ほんとかぁ~と思いながらカテゴリページを見てみたら、
うん、ちゃんと【category】の部分が無くなっておりました。OK!

そして最後に入れたのが、【All in One SEO Pack】です。
なぜ入れたのかというと、googleで【WordPress おすすめプラグイン】と
検索した際にこちらのプラグインが入っていたから、ただそれだけwww
見たところ、各ページのメタ周りをここに設定が出来るみたい。
たぶん他にもイロイロ出来るんだと思うけど、めんどくさいのでいじってないですw
設定方法は、プラグインをインストール。
ただこの【All in One SEO Pack】をインストールするとエラーがページなんか出まくる。
まぁエラーというわけではなくて初期設定ができてない見たいなことらしい。
こちらを出さなく剃る方法は簡単。

メニューの【設定】→【all in One SEO】を選択
ページ中程にあるプラグイン状態が【Disabled】になっているのでこれを【Enabled】に
変更してページ下部の【設定を更新】をクリックして終了

これでエラーは出なくなっています、今のところは。

今回は以上の3プラグインをインストールしました。
いやはや、やり始めってこともありますが面白いっす。
ただこれが何時まで続くことやら、三日坊主にならないように頑張ります。

コメントは受け付けていません。