googleとYahoo!の関連検索キーワードについて考えてみる その1

google、Yahoo!共に検索をした際にページの上部、または下部に
検索したキーワードに関連するキーワードが表示されます。

この機能に対して、google及びYahoo!では下記の
ページに簡単な説明が書かれています。

検索結果ページ – ウェブ検索 ヘルプ:google

Yahoo!検索 ヘルプ – 「関連検索ワード」とは

まぁ早い話が、検索したキーワードに関連するキーワードが
表示される。まぁそのままの機能です。

現在googleとYahoo!は同じアルゴリズムを
使っているので基本的に検索結果が同じ理由です。

●検証1
とりあえず【花火】で検索を掛けてみたところ、下記のような結果が出た。

google検索:

Yahoo!検索:

検索のアルゴリズムは同じですが全く違う結果になりました。
Yahoo!は、【花火】と言うキーワードに関して、上位のキーワードとして
【花火退会 2012】や【花火退会2012 関東】と言った、
時系列的に最近検索されたであろうキーワードが並んでいるイメージ。
逆にgoogleの方は、時系列云々よりも平均して検索されたキーワード
表示されているように見られる。

●検証2
次に【花火】と言うキーワードと違い時期を意識しないであろう
キーワードの【知恵袋】で検索をしてみた所下記のような結果になった。

google検索:

Yahoo!検索:

google、Yahoo!共に【Yahoo!知恵袋】といった【知恵袋】と言う意味に対しての
キーワードが表示されている。
ただgoogleはそれ以外に、【ももりん知恵袋】(2009年頃の話題)や
【京都大学知恵袋】(2011年2月ごろ)といった以前ネットで話題に
なったキーワードが
表示されている。

●検証3
最後に、本日google急上昇ワードやYahoo!の急上昇ワードで
多く検索されたいま話題の【hkt48】を検索してみる。

google急上昇ワード(2012/8/19検索):

google検索:

Yahoo!検索:

なるほど、googleは【乃木坂46】【ske48】といった関連キーワードとして
別グループのグループ名や、【hkt48劇場】、【hkt48 メンバー 一覧】といった
対象キーワードの後に検索するであろうキーワードが表示されている。

逆にYahoo!では、【hkt48メンバー】【hkt48 菅本裕子】といった関連キーワードの他に
【hkt48 指原莉乃】【hkt48 謹慎】といった、最近話題になっているキーワードが表示されている。

今回の検索結果ら私が仮定する内容
検証1、3よりYahoo!はホットな最近検索されているキーワードも
関連キーワードとして表示する。
【hkt48 指原莉乃】は6月15日に移籍が決まったことから
話題性としてはここ2ヶ月ほど、もう一つ【hkt48 謹慎】は
軽く調べた所8月8日頃からネットで取り上げられるようになっている。
また、検証2より、話題になっていないキーワードで
よく検索されているキーワードに関しては、関連するキーワードのみを表示する。

逆にgoogleは、この検証1、3を見る限りだと、ホットな今検索されているようなキーワードは
表示されない傾向に有るようだ。ただし検証2をみると【京都大学知恵袋】と言う
半年前にホットだったキーワードや【ももりん知恵袋】といった3年ほど前に一時期話題に
なったキーワードが表示されている。

箇条書すると
・Yahoo!は対象のキーワードに対して関連するホットなキーワードが有る場合それを
 関連検索に表示する。
・Yahoo!はホットなキーワードでない場合は単純に関連されているキーワードを出す。
・googleは一時的に検索数が上がってもそれを関連検索には反映させない。
・googleはホットなキーワードで無くても、ある程度時間が経てば一時的に話題に
 なったキーワードも表示されるように成る。

こんな所でしょうか。
まぁサンプルデータが少ないのであまり意味はないとは思いますが、
一つの仮説としていいかなと思っています。

ここで予言!
Yahoo!では近々【hkt48 解雇】【hkt48 脱退】といったキーワードが出る。
googleでは上記のキーワードが一定期間が過ぎた後に上記キーワードが出てくる。

以上。

コメントは受け付けていません。