たまにこんな事を聞かれます

愛されるよりも愛したいマジで、すぐるです。

さて表題の件なんですがね、

『パソコンを買いたいんだが、何を買えばいいの?』

ってのをたまに聞かれるんですよ、いや、ホントたまになんですけど。
正直聞かれるの自体は嬉しいんですが正直なんて答えていいか困るんですよね。
そんで絞り込む意味で軽く希望を聞いてみると、

『インターネットが出来ればあとは普通に使えればいいよ』

的な、的なことを言われるんですわ。困りもんですわ。
この条件だと、今発売されているすべてのPCが当てはまりますわ。

私も自分のPCを買う時なんかはイロイロ調べたりするので
そのタイミングとかで聞かれるとまだ答えようが有るんですが、
それ以外のタイミングだと私も正直わかりません。

なのでこういう時はとりあえず、お店に行って直接触ることをおすすめしますね。
それで特に問題なければそれでいいんじゃないかと。そ~思うのです。

とは言えこれだとちょっとそっけないので、私がPCを買うときに
確認するなら下記の感じで確認します。

1.価格帯を確認
まずは、どれくらいで考えているかを確認。正直ネットが出来る程度であれば
今売っているどのPCでも問題無いと思います。
ただ、安いといっても中古はおすすめできないです。HDDとか消耗品は
中古の場合は最悪の場合使ってすぐに壊れる可能性があるし、
ノートパソコンの場合はバッテリーがすぐにダメになる可能性が有ります。

2.メモリ(RAM)
メモリは一時記憶装置ですので、何かデータを処理するときなどに
利用されます。メモリが少ないとHDDの領域を利用するため遅くなります。
個人的には4GB以上あればいいと思います。

3.ハードディスク(HDD)
HDDはデータを保存する領域なので多ければ多いほど良いです。
とりあえず、320GB以上あれば十分かなと思います。
また、最近はSSDと言って、HDDがディスクでデータを保存しているのに対し
SSDはメモリ形式で保存するのでスピードも早く、また衝撃にも強いです。
ただ、このSSDは非常に高いのでただネットをやるだけのとかであればHDDで十分です。

4.CPU
まず、メーカーとしてIntelとAMDの二種類が有ります。
価格はAMDの方が少し安い感じです。正直両メーカーでの違いは私はわかりません。
ただ、やっぱりブランド的にIntelを選んでしまう自分が居るのも事実。
で、Intelの場合は、corei7、i5、i3、Celeronと言うブランドが有ります。
違いは、i7が4コアスレッドが8~12、i5が2~4コアでスレッドが4、
i3がコア2でスレッドが4、Celeronが1~2コアでスレッドが1~2といった感じ。
コアというのは脳みそみたいなもので、スレッドが一度に処理が出来る数です。
正確に書けばもっと色いろあるんですが普通に使う文にはこの程度で知識で十分。
i3とi5は価格的にそんなに変わらないので個人的にはi5以上であれば十二分だと思います。

5.OS
今売ってるのは、windows7で2012年8月26日にwindows8が発売になります。
あと32bitと64bitと二種類あって大きな違いといえば、32bitの場合は
メモリが4Gまでしか認識しません。なのでメモリを大容量積みたいヒトは
64bitを選択する必要が有ります。メモリのことを考えると64bitがお勧めです。

とりあえず、こんなところを抑えておけばいいんじゃないでしょうかね。
まぁ最終的には結局自分が好きなのを買うのがですよね。

ま、そんなお話。

コメントは受け付けていません。