髪を切りに行くと

ソロソロ髪伸びてきたんで切りに行きたい、どうもすぐるです。

髪を切りにくと基本私が言うのは

「前は眉毛くらいで、後ろは借上がない程度でお願いします」

大抵はこれでOKでそのあとは黙々と切ってもらって
終わる感じなのですがたまに、

「耳はどうしますか?」

と聞かれます。
いつもこれに困ります。選択って何が有るんでしょうか?
以前わけもわからず適当に耳だから

「出してください」

と言いました。終わったらテクノカットみたいに
シャキーンって切られてました、シャキーンって。
勉強して次は、

「少しかぶるくらい残してください」

って言ってみました。中途半端感がハンパなかったです。
なので最近は、

「選択しはどんなのありますか?」

と聞くようにしております。
なんとかこれで最近はどうにか回避できるようになっています。

今時のオサレさんはヘアーカタログとか持って行って

「これと同じにしてくれYo!」

とか言ってるんでしょうね。ナウいです。
でもぼくの言ってるのは近くの床屋でおじさんが切ってるんでね
そんなもんは注文はできませんし、する気も有りません。

まぁ何が言いたいのかというと、
ソロソロ髪、切りたいなーってことです。はい。

コメントは受け付けていません。