レンタルドメインから独自ドメインに変更してみるその①

独自ドメインを取得しました。
イマサラナガラですが。

さて、いままでロリポップ!で初期設定で借りていた

【june.raindrop.jp】

これでしたがこれから新規で取得した

【kyouyoriashita.com】

に変更しようと思います。
とりあえず今回は既存のDBにアクセスし現在のサイトと同じ物を表示させ
その後、.htaccessで古いドメインから新しいドメインへ301リダイレクトを
掛ける形を取って行ってみようと思います。

それでは早速レッツ・トライ!
新規ドメインの方にWordPressをインストールします。
まずは、WordPressのサイトに行って最新のWordPressをダウンロードします。

WordPress | 日本語 >>インストール

今日(2012/12/11)時点で最新版は【wordpress-3.4.2-ja.zip】だったので
こちらを解凍したものをftpソフトを使ってアップロードします。
(レンタルサーバによっては管理画面から圧縮ファイルを解凍することも
出来るところが有り、そちらのほうがアップロードするファイルが少ない分早いです)

解凍およびアップロードが終わったらWordPressの設定になります。
まずは設定ページにアクセスします。アクセスすると下記のようなページが表示されます。

選択しは【さあ、始めましょう!】しかないのでこちらをためらうこと無くクリック
続いて出るページは接続するデーターベースの設定になります。

上から
データーベース名:サーバで用意しているDBのDB名を記入
ユーザー名:DBにログインするときのユーザー名を記入
パスワード:DBにログインするときのパスワードを記入
データーベースのホスト:サーバのホストを記入。これはレンタルサーバにより
異なるのでサーバ会社に確認。
テーブル接頭辞:DBのテーブル名に付くので1つのDBで利用する場合は
わかりやすいような接頭辞を付ける。

通常であれば、接頭辞などは都度適当にやればいいのでうすが
今回は今入っているWPを別のドメインに変えるだけで
今までの記事などはそのまま利用する形をとるので接頭辞は
現在のWPと同じ物にする必要が有ります。
上記情報は【wp-settings.php】と言うファイルに記載されているので
現在インストールされているサイトのftpにアクセスしファイルに
書かれている情報をそのまま入力すればOKです。

すると

問題なければ表示されるので続いて【インストールを実行】をクリックすると

当然現在利用しているDBに接続しようとしているのでインストール済みと出ます。
問題ないのでそのまま【ログイン】と進むとユーザー名とパスワードが表示されるので
現在利用しているIDとパスワードを入力して【ログイン】をクリック。
すると新しいドメインではなく古い方に飛びます。
ひとまずはここまでで、新しいドメイン側の設定は終了です。
次は現在のWordPressの方の設定になります。

続きはまた改めて書きたいと思います。

追記:
よくよく考えてみると、新しいWordPressの方に古い方の【wp-settings.php】を
ぶち込めば大丈夫っぽいんです。

コメントは受け付けていません。