【備忘録】ユーザーごとのtempフォルダを変更する

さて、前回書いた記事に出た【temp】フォルダの話です。

【備忘録】続・Cドライブの容量を増やす【tempフォルダを削除】

確かにこれの中のファイルを削除することで
容量が増えたのですが、たまるごとに削除するっていうのは正直面倒くさい。
とくにCドライブの容量が少ない私に取っては結構致命的。

ということで、このtempフォルダの場所を変えられないものかと
調べてみたらどうやら出来るようです。では早速やってみましょう
※今回はwindows7での話です。それ以外はごめんなさい。

コンピュータから【システムのプロパティ】をクリック
システムのプロパティの左メニューにある【システムの詳細設定】をクリック

20121230_clean03

システムのプロパティの詳細設定タブ下部の【環境変数】をクリック

20121230_clean04

環境変数のウインドを開きユーザー環境変数に【TEMP】と【TMP】に
値が入っている場合はそちらを削除します。

20121230_clean05
※赤枠の2つのファイルを削除します。
 今回は全てのユーザーで変更する方法をとるのでこちらを削除します。
 使っているユーザーのみであればここで値を変えればOK

続いてシステム環境変数で変数【TEMP】と【TMP】を
変更したいドライブ【J:】に変更します。

20121230_clean06
※私のPCで空いてるのがJドライブだったんで今回はJに設定

基本的に設定はこれで終了。
PCを再起動することで反映されるので問題がなければ再起動。

ここで問題発生!ドライブ直下に設定したためそこにバラバラっと
一時ファイルができてしまいちょっとした大惨事。
なので、先程【J:】と設定した部分を
【temp】と言うフォルダを作り【J:temp】に設定変更。

20121230_clean07

改めてPCを再起動しドライブtempフォルダを確認した所
しっかりとファイルが入っていました。

これにて設定は終了。これでとりあえずは一時ファイルで
Cドライブが圧迫されることは無くなると思います。

以上です。

コメントは受け付けていません。